読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次の一手

f:id:sasctennis:20160802053617j:imagef:id:sasctennis:20160802053621j:image

昨日Jr.のレッスンを任されたときに感じたことなのですが、せっかく相手のバランスを崩すショットを打っておきながらその次の球に対して躊躇してしまい自分から不利な体制になってしまう場面をなんども目にしました。

 

せめてもの法則を作っておくほうがいいと思います。

「ここに打ったら次はここ!もしこなかったならば仕切り直し」というような、、、

三手先までとは言いません、せめて一手先は考えてテニスをする必要があるはずです〜〜。

 

初心者の奥さんたちのレッスンをしていたときに「どこに打ったらいいのかわかりません」とか「どこに守ってたれいいのですか?」という質問を受けました。

その際にビジョンタクティクスというアプリを見せ机上でフォーメーションを見せるとどこに隙があるのか?どこに打ったらいいのか?尋ねるとしっかり解っているのですよ。

 

コート上に立ってしまうと舞い上がってしまうみたいです。やはり、次の一手は考えてテニスをしてほしいと思います。

 

今日も朝5時00分からバトル始まりました。

仲がいいんですね〜〜